水着の種類とは

各方式の情報など

「知恵の輪式ホック」は、女性用水着に採用されている結合方式の1つです。こちらは、左右で形状の異なる輪の先に分銅が付いており、右の分銅を左の輪に通す方式になります。この方式では、指で押して固定することはないものの、紐の弾力によって結合部が左右に引っ張られ、自然に直線となって隙間なく固定される仕組みになっています。また、結合部にある程度の強度が必要となるため、必ず金属の部品が使用されます。そのため、リングや分銅の部分に、装飾をほどこすことができるという利点があります。また、バタフライ式ホックとは反対に、知恵の輪式ホックは、バックが紐のデザインになっている水着に限定して採用される結合方式です。

また、女性用水着の結合方式には、「ベルト」と呼ばれるものもあります。こちらは、通常のベルトのように、縮めて固定する方式ですが、一般のベルトのように金属の突起と穴を使用するのではなく、金属パーツによって、余ってたるんだ部分をZ字の状態に折りたたむこととなります。

続いて、女性用の水着は、バックの全体的な構成にも違いがあります。例えば、「ニの字バック」は、首の後ろと背中の後ろに、それぞれストラップがついている構成です。

メインメニュー