水着の種類とは

バック全体の構成など

バック全体の構成から女性用水着を分類したものの1つに、「ニの字バック」があります。こちらの構成では、首の後ろと背中の後ろに、それぞれストラップが存在します。女性用水着の中でも、三角ビキニには、ほとんどの場合、こちらの構成が採用されています。また、ストラップレスの場合は首の後ろ、スリングショットの一部では背中の後ろにストラップがなく、一文字のバックスタイルとなります。また、ワンピース型の水着の中にも、背中に大きな穴があいていて、ニの字に近いバックスタイルのものも存在します。

次に、「逆Tの字バック」は、形状としては、ブラジャーと同じものになります。こちらは、首紐が首の後ろではなく、下にある背紐に固定され、背紐の部分だけで結合するものです。また、「Tの字バック」は、首の後ろと背中の後ろがI字状の直線となっており、結合部の存在しないもので、セパレーツや競泳水着に採用されています。本来、「Tバック」というのはこちらのスタイルの水着を指し、日本での使用方法は誤用となります。

女性用水着のデザインには、その他に、「バッククロス」と呼ばれるものもあります。こちらは、背中の部分でストラップを交差させるものになります。

メインメニュー